丹後ちりめん織元 高美機業 人生の節目を風呂敷で飾る

贈答の基本的な考え方として
新鮮なものを贈るということがあります
昔から風呂敷に包んだり
袱紗をかけたりすることは
汚れから守るということだけでなく
を新鮮なまま保つということも意味します
また包むという行為には
外部からのけがれを遮断するという
結界としての役割もあります
その流れから現在も風呂敷は結婚など
人生の節目節目に使用されています
風呂敷で包む行為
そしてその意匠には
相手を思いやる気持ちや
相手の心を察する気持ちが
日本人の美意識として表現されています
私たちは
皆さまの人生の節目を彩る
気持ちを結ぶ風呂敷をご提案します



風呂敷のデザインを依頼している主な作家たち

鴨川 志野
(工房カモ)
型染作家

小倉 充子
(小倉染色図案工房)
型染作家

冝保 聡
(びんがた工房くんや)
琉球紅型職人

 

弓場 直子
(染色工房ゆば)
型染作家

 


結婚や入学卒業出産開業などの
おめでたい特別なハレの日
贈り主の気持ちを届ける
デザインを目指しています
オリジナルデザインも承っておりますので
お気軽にお電話ください

約300年前の江戸時代の享保5年1720
絹屋佐平治らが京都西陣より
持ち帰った技術をもとに創織したちりめん
冬の季節風は雪をともなってきびしく
秋から冬にかけて吹くうらにしと呼ばれる季節風は
弁当忘れても傘忘れるなと言われるぐらい
湿気をともなった雨が降ったり止んだりする日が続きます
この丹後の気候風土が
良質の水適度な湿度をもたらし
今日現在まで丹後ちりめんを育んできました
生地全面の細かい
凸凹状のシボが特徴の丹後ちりめん
このシボによって光沢をやわらかく抑え
光にふくらみを持たせしなやかな感触と
しっとりとした風合いを引き出し
美しく色鮮やかな発色性に優れた
白生地ができあがります

京都府北部丹後半島にある
与謝郡与謝野町岩滝は
日本三景 天橋立の対岸に位置し
丹後ちりめんの中でも半衿帯揚風呂敷など
和装小物生地産地として栄えた地域です

一生に一度、いや二度目の方も。
結婚式の引出物に。

入学・入園・卒業祝、就職・昇進・
退職祝、出産祝、引越し・新築・
開店祝などに。

開店、竣工、周年、開催などに。